光回線の工事済み物件であるかの確認方法

光コンセントが設置されていない場合には、開通していない可能性の方が高い

たとえ住んでいなくても使えないわけではないので、未開通であったとしてもちゃんと教えてくれるはずです。
しかし物件に開通させるかどうかに関しては、それでは大谷さんの判断に委ねられることになります。
大家さんが年配の人である場合には、集合住宅の場合には、共有部分までしか開通していないのか、それとも部屋まで住んでいるのかは把握していないこともあります。
そのため1番手っ取り早い方法ではあるものの、必ずしも細かい部分まで分かるかどうかは怪しいです。
そして内見をしたときに自宅の中に光コンセントの有無を確認することでわかるでしょう。
光回線サービスを提供する事業者の多くは、光コンセントと呼ばれるものを設置します。
これはつながるコンセントであり、これが設置されていれば開通している可能性はかなり高いでしょう。
反対に光コンセントが設置されていない場合には、開通していない可能性の方が高いです。
入居したした後に工事を行わなければなりません。
光コンセントは光のロゴが入っているものであり、差込口が下向きについています。

光回線工事済みの物件を選びたいと考える人も多い / 光コンセントが設置されていない場合には、開通していない可能性の方が高い / 入居した後に開通工事を行わなければならない